チャーガの休日店長ブログ:

« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月29日

少々びろうな話しで恐縮です。
チャーガを飲み続ける内に、あることに気づきました。
私の家内は結構お通じがあまりよくなかったのですが、
最近良くなったと聞きます。
まあこれはチャーガ特有ではないかもしれません。
当然ながら食物繊維は多いわけですから、でも飲みやすい
食物繊維としてもいいのかもしれません。

投稿者 nagai : 13:24 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月28日

風邪

先日不覚にも風邪にかかってしまいました。
39度近くの熱は出たのですが、あえて解熱剤を飲みませんでした。
医者より
「初期の段階で、熱で菌を殺すのが一番いい」
と聞いたからです。
一晩結構きつかったのですが、翌日には平熱に下がったようです。
とはいえ、体力を消耗してしますので、この方法は場合によりけりか
と思います。
水分補給には冷えたチャーガ茶がバッチリでした!

投稿者 nagai : 15:48 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月27日

チャーガの効果

チャーガに関して、新聞記事の検索をしたところこんな記事がありました。

もっともっとチャーガについて私も研鑚を重ねようと思いました!

北海道の山中で採れるキノコ、カバノアナタケの抽出物が、エイズ(後天性免疫不全症候群)とインフルエンザを抑える効果があることが、北海道立衛生研究所と民間企業の共同研究で分かった。十一日から北海道・北見市で開かれる北海道公衆衛生学会で発表される。
 カバノアナタケはシラカバなどの幹について育つ希少な種類のキノコ。北半球に分布し、日本では北海道の北部山地に見られる。
 分析は、カバノアナタケを煮て得た抽出物を薬品などで処理した精製物にし、さまざまな濃度でヒトのリンパ球からとった細胞に加え、エイズウイルス1型(HIV1)によって細胞が変性する程度を調べた。細胞は体温に相当する三七度に維持、六日後に判定した結果、精製物を一ミリリットル中に六二・五マイクログラム溶かした溶液を加えた場合、培養細胞は全く変性せず、エイズウイルスの増殖を抑制した。
 過去三年間に流行したインフルエンザウイルスでも同様の検査をしたところ、A香港型、Aソ連型、B型に関して効果が確認できたという。
 エイズウイルスはリンパ球の細胞に取り付き、酵素を出して細胞の壁を破壊する特徴がある。同研究所などは、カバノアナタケの成分が細胞の壁を強化し、ウイルスの出す酵素を阻害する特徴を持っている可能性がある、としている。

投稿者 nagai : 18:58 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月26日

花粉症

昨年ついに花粉症になった知人がいます。
さっそく、チャーガを贈りました。
効果に関しては特定できませんが、私自身、かなりひどい状態でしたが、今では
かなり改善されています。
やはり飲み続けることが大切かと思います。

投稿者 nagai : 14:33 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月22日

e-Tax

国税庁でしきりに宣伝をしているe-Tax
ならばと、今回挑戦してみました。
ざっとこんな感じ
1、国税庁にネットより申請を出す
2、住基ネットのカードを申請(自治体では扱ってない所も 例・東京杉並区)
3、電子証明を区役所で、2のカードに追記
4、カードリーダー購入
5、カードリーダー設定
6、国税庁のネットより、確定申告作成
7、e-Taxにて送信
8、納税
といった感じです。
感想は一回やれば簡単!しかし、広告のようにあ「簡単申告!」なんて
わけはありませんでした。

投稿者 nagai : 11:34 | コメント (1) | トラックバック

2008年02月20日

毎月お届け

店長の永井です。
3月末日より、毎月お届けコースを設定いたします。
方法は現在見当中ですが、決まり次第、HPにてお知らせ
いたします。
是非御利用ください。

投稿者 nagai : 12:52 | コメント (0) | トラックバック