チャーガの休日店長ブログ:

« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月22日

花粉症時期到来!!対策してますか!?

花粉症の時期が今年もいよいよやってきました。
この時期、花粉症の人はマスクとテッシュが必需品ですよね。
年々スギ花粉などのアレルギーに悩ませれる人も多くなってきています。
私の友達も毎日花粉症と格闘しているみたいで、鼻水や目が真っ赤になるくらい大変みたいです。

実はこれって人々の体の衛生状態が良くなって細菌の感染が減ったことが原因の一つだと考えられているそうですよ。

人間の体は、細菌に感染するとTh1という細胞が生理活性物質を分泌し、アレルギーを起こすTh2細胞を抑えてくれるのです。

しかし、ココで問題発生!!

免疫力があまりにも高くなり、感染症に感染することが減ることでTh2細胞が元気になりすぎて、アレルギー症状が起きるみたいです。

普段生活する中で、見えない病原体から身を守ることは非常に大切なことですが、逆に細菌から身を守りすぎても困ってしまいます。
人間の体って難しいですね[:冷や汗:]
でも健康を維持していくためにはバランスが大事だなってことがまた教えられました。

花粉症対策まだの方、チャーガで花粉症対策していきましょう。
花粉症に悩ませれている方にも皆さんの花粉症対策方法も教えて下さい。

投稿者 nagai : 14:41 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月21日

女性の敵、お肌のトラブル・紫外線対策

お肌のシミやシワの原因でもある紫外線の対策って大変ですよね。

お肌の曲がり角は25歳からと言われてますが、これは体内の抗酸化酵素(SOD)が年をとると共に減少していくという事実があるからです。

40歳になると20歳代前半の約半分の量まで抗酸化酵素(SOD)が減少してしまいます。日焼けの素であるメラニン色素(酸化重合生成物質)や老化の原因であるリポフスチン(老化発現物質)が体中に増加していきます。
この物質が皮膚の張りをなくし、シミ、シワなどを作り出してしまうのです。お肌に悪影響を与える紫外線に加え、体内で影響を与えるリポフスチンを退治していかないとシミ、シワなどお肌のトラブルは解消されないのです。

チャーガにはSOD様物質(抗酸化酵素)が豊富に含まれており、これが強力にメラニンの生成をを抑制・阻害するので美白効果が期待できるのです。

ロシア人はもともと、ガンを防ぎ治すためにチャーガ茶を飲んできたわけではありませんでした。
では、どうしてチャーガ茶が飲まれてきたのでしょうか。そもそも、チャーガ茶は味がよく、飲めばキレイになると経験的に知られていたため、昔からロシアではよく飲まれていたのです。

ある時、肌のトラブルに悩む女性に、チャーガ茶をすすめるようになりました。
すると「肌荒れが治った」「シミ・シワが解消した」「クスミが取れた」「ニキビ跡がキレイになった」など、肌のトラブルが解消した人が続出したのですよ。


チャーガにはこういった美容効果もあり、買い物や仕事などで外出される機会が多い方におススメなんです。実際に、大半の人が乾燥肌なら三日、シミ・シワなら五週間で解消して、肌荒れ・クスミ・ニキビなども、チャーガ茶を飲んで2~4週間で解消する人が多いようです。

投稿者 nagai : 14:41 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月20日

『冷え性』対策。お悩みの方におススメ

女性の半数以上が冷え性と言われ、現在では男性にも多いとされている、『冷え性』。
そもそも『冷え性』とは、なんでしょう。

『冷え性』は 西洋の医学では病気とは扱われない為、正確な定義は無いとされているみたいです。

『冷え性』の原因には、「血行不良」「自律神経の乱れ」「貧血」などさまざまあります。
しかし、その根本的の原因には 「体の熱の発生の少なさ」にあると考えられます。
食生活、生活習慣、ストレスなどから「熱の生産量」は段々減っていきます。

じゃあどうしたら、「熱の生産量」を増やせるかが問題になります。やはり、しっかりとした食生活、規則的な生活をおくることが重要だと思います。しかし、現代の生活スタイルでは昼夜逆転して仕事をしている方も多く、また、普段膨大の量の仕事をこなし朝から晩までオフィスに缶詰状態の方も少なくありません。

そこで、チャーガ茶が効果的です。
チャーガには血液の流れをよくしてくれる機能があり、血液をサラサラにしてくれる効能があります。皮膚表面の抹消血管の血流を驚くほど良好にしてくれます。
そのため、「熱の生産量」も増え、『冷え性』に悩まされてたのがウソのように、体がポカポカになります。
また、血行が良くなることで、肌に張りをもたせ、ツルツル、スベスベのお肌にさせてくれますので、美容効果も抜群です。

この時期だからこそ辛い『冷え性』に対策をしていきましょう。
毎日決まった飲み方をしなければならないというルールもないので、自分の好きなときに気軽にチャーガを取り入れるのです。
チャーガで健康の生活の第1歩を踏み出しましょう。

投稿者 nagai : 14:40 | コメント (7) | トラックバック

2007年02月19日

健康的でダイエットにもおススメ。

チャーガは健康に良いでけでなく、実はダイエットにも有効なんです。

チャーガには血液の流れをよくしてくれる機能があり、血液をサラサラにしてくれる効能があります。皮膚表面の抹消血管の血流を驚くほど良好にしてくれますので、当然肌に張りをもたせ、ツルツル、スベスベのお肌にさせてくれます。

さらに食物繊維が6~7割含まれているチャーガは腸内を整えますので便秘を解消し、肌の健康と若さを取り戻していくのです。

美容・ダイエットに効果があることからロシアの女性にはチャーガを使ったダイエットが人気を集めています。

ダイエットだからって食事制限や過度な運動をしても代謝が低下していれば脂肪分は燃焼しません。
しかもカロリー制限等していた方の今までの努力も水の泡です。

しかしチャーガに含まれるβ-D-グルカンと食物繊維の働きがあれば、体の代謝機能が活性化し、脂肪の燃焼もスムーズになっていくのです。

投稿者 nagai : 14:40 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月18日

つらい便秘には食物繊維を・・・

便秘ってホント毎日がつらいですよね。お腹が張ってしまいますし、ひどいときは腹痛に悩ませれることもありますよね。
便秘にはやっぱり食物繊維を含んだ食品をいっぱいとることです。

食物繊維は、人間の消化酵素で消化・吸収されない成分なんです。
吸収されないってことは、いらない成分!?って思う方いらっしゃるかもしれません。しかし、食物繊維は人間には必要な成分なんです。
タンパク質や炭水化物は胃や腸の中で吸収されるのですが、食物繊維はそのまま大腸に運ばれ、水分やコレステロールを吸着して、便の体積を増し、腸の活動を増進してくれます。体内につまった便を出しやすくしてくれます。

便秘は大腸ガンにもつながります。大腸ガンは便が停滞する場所に発生しやすいので、毎日の排便の習慣をきちんとつけること必要ですよ。そのためには繊維質の多い食べ物が適しているのです。
また、大腸ガンは痔核、裂肛は肛門の血流障害が主な原因となります。肛門に負担のかかる姿勢や便秘での強いいきみの習慣が悪影響を与えてしまうのです。

「便秘にならない食事」「適度の運動」「毎日の入浴で肛門を温める」ことが予防につながります。 

すごい役割を果たしてくれる食物繊維がチャーガには豊富に含まれているので便秘の方におススメなのです。
私も前までは便秘に悩ませられ、毎日つらい思いをしていました。
でもチャーガをはじめてから、毎日のお腹の調子は快調になりましたよ。

投稿者 nagai : 14:39 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月16日

気づいたその時から抜け毛予防

チャーガは抜け毛予防にも効果があります。
古くからロシアでは民間薬で知られていましたが、最近、抜け毛予防でも注目を浴び始めたようです。他にも、チャーガは抜け毛でけでなく、白髪がなくなったりもするそうです。

チャーガが抜け毛予防にいいのは、毛細血管の血流を正常にしてくれます。そのおかげで血管内の老廃物を除去し、血液内の栄養素を各細胞を通じてリンパ管へ送り込みがあるので、新陳代謝が良くなります。
そう、老化のスピードを遅らせる作用があるからなんです。

投稿者 nagai : 14:38 | コメント (1) | トラックバック

2007年02月15日

様々なウィルスの増殖を抑制

チャーガの食物繊維に中の水溶性リグニンと呼ばれる物質で、HIVやインフルエンザウイルスの増殖を効果的に抑制する事実がいくつかの研究所から報告されています。

病原性ウイルスは、体内で細胞に向けてある種の酵素を出し、これを使って動物の細胞膜を溶かして入り込み、その中に自分自身のコピーを作りながら増殖します。
水溶性リグニンはこの酵素を無毒化し、ウイルスからの攻撃を未然に防いでくれるというわけです。

投稿者 nagai : 14:38 | コメント (1) | トラックバック

2007年02月14日

高血圧・高コレステロールを防止

高血圧・高コレステロールっていう響きだけで体には悪影響だなって感じてしまいます。

普段あまり気にしていないかもしてませんが、乱れがちな食生活などで、病気にかかってしまうのです。
その中でも循環器病の原因にあげられるのが、高血圧、高コレステロール血病です。
高血圧は私たち人間にさまざまな病気を誘発します。
とくに心臓病、脳卒中、腎臓病など生活習慣病を引き起こす原因にもなっています。

そこでチャーガに含まれる『食物繊維』の出番です。食物繊維は、コレステロールを正常にする働きがあります。
食物繊維を豊富に含むチャーガだからこそ高血圧など抑えてくれる『高血圧降下作用』があるのです。

毎日健康に過ごすためにも、高血圧・高コレステロールには十分注意したいですね。

投稿者 nagai : 14:37 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月13日

糖尿病対策-高くなった血糖値を下げる-

チャーガには『血糖値降下作用』があります。
血糖値が高くなり、影響してくる病気がいくつかあります。
その中の一つは生活習慣病で大きく取り上げられる糖尿病です。
インシュリン不足で血糖値が高くなってかかってしまうのが糖尿病です。
すい臓から分泌される、インシュリンというホルモンが少なくなり、食べ物や飲み物から摂りいれた糖質を体が処理できなくなります。その結果血液中のブドウ糖が高濃度となり、尿中にブドウ糖が排出されるようになる状態をいうのです。
糖尿病は発見が遅れたり、きちんと治療しないと合併症になり、糖尿病性の昏睡や脳血栓、心筋梗塞、糖尿病性腎炎などで死亡する人が最近では多くなってきているそうです。目、脳、心臓などの細動脈に症状があらわれ目の網膜の血管が破れて、失明することもあるそうです。

チャーガには、あらゆる方向からすい臓を活性化したインスリンの分泌を促進すると共に腸管からの糖分の吸収を抑え、さらにチャーガに含まれるミネラル、マンガン、たんぱく質、マグネシウムなどの働きによって血糖値を下げる効果が明らかになっています。

投稿者 nagai : 14:37 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月12日

ガンに対抗するチャーガの効果とは?

ガンになると、一般的には手術、放射線治療、抗がん剤治療の、いわゆる3大療法で治そうとします。
しかし、現代医療が総力をつくしてもガンを撲滅できないのが現実で、ガン患者は増え続けています。

そんな中、チャーガはかつてロシアで数百名の末期がんの患者を対象とした大規模な臨床試験が行われ、"末期ガン患者に著しい効果"、"胃潰瘍の患者に対する処方で、ガン化を100%阻止"などその有効性が確認されているのです。

ガンをはじめとする生活習慣病など、多くの病気を根本的に治すのは、西洋医学を基礎とした現代医療ではなく、最終的には、体力、復元力、免疫力などを総合した患者自身の自然治癒力なのです。

チャーガには人間に本来そなわっている自然治癒力を補助する役割を果たすことができるのです。
日本でも近年着手したばかりですが、多くに医療機関や研究機関で研究が行われています。

投稿者 nagai : 14:36 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月10日

万能キノコ、チャーガの効果って?

チャーガには健康に良い成分が豊富に含まれています。
その成分がどんな効果があるのでしょう。
チャーガの効果はどの健康食品より優れた効果をもたらしてくれるのです。

◆チャーガの効果
抗酸化作用
抗ガン作用
血糖値降下作用
血圧降下作用
ウィルスの増殖抑制作用

チャーガは上のような効果があり、普段の生活を健康に過ごすために役立つ効果なのです。
チャーガにはまだまだ隠された効果・効能が沢山あります。
最近では、多くの医療機関や研究所で研究が進められているそうですよ。

投稿者 nagai : 14:35 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月09日

老化のもと、活性酸素とは?←抗酸化酵素で防ごう

人間は酸素が必要です。
酸素は人間の体の細胞に必要とされ、体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。ところが体の中に入った酸素がすべてエネルギーを作るために使われれば良いのですが、使われなかった分は酸化してしまうのです。
簡単に考えると「さび付いた状態」になるということですね。
例えば、自転車を雨の中に長く置いておくとさびが出たりしますね。それと同じ現象が体の中で起きると考えてください。そして恐いのは一旦酸化がおき始めるとどんどん連鎖反応で酸化が進んでしまうのです。それが「活性酸素」の影響です。

酸素は過渡の疲労やストレス、紫外線、電磁波やタバコ、あるいは食べ物に含まれる食品添加物などの作用よって体の中の臓器や器官に悪影響を及ぼす「活性酸素」にかわってしまいます。

私たちが吸い込む酸素の約2%が体内で「活性酸素」に変わります。普段、私たちは普通に生活をしている中で「活性酸素」が作り出される要因は少なくありません。


そんな「活性酸素」によって体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。また、老化・ガン・シミ・シワ・そばかす・肌荒れ・花粉症・アトピー性皮膚炎・肩こり・冷え症・痴呆など、約9割もの病気の原因に関係しています。

そこで体の中をサビ付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。チャーガには「活性酸素」を抑制する抗酸化作用の素である『抗酸化酵素』が他の健康食品アガリクスの約25倍、メシマコブの約300倍も多く、キノコ類の中で最も多く含まれています。成人病(生活習慣病)の予防や美容、健康には、まず『活性酸素対策』をしましょう。

投稿者 nagai : 14:34 | コメント (1) | トラックバック

2007年02月08日

チャーガにはどんな成分が含まれているんだろう!?

今までチャーガの成分の中の『β-D-グルカン』を説明はしていましたが、チャーガの成分はそれだけではないのです。

他にはどんな成分があるのでしょう[:!?:]

『β-D-グルカン』の他にも、『ミネラル』『食物繊維』『フラボノイド』、『トリテルペノイド』、『アルカロイド』、『プテリン』、『アガリチン酸』、『イノシトール』などが含まれているのです。

それぞれ普段の生活には欠かせない成分、健康に役立つ成分です。
成分の中のフラボノイドは、主に野菜や果物に含まれていて、『活性酸素』を除去したり、血圧を安定させたり、抗アレルギーの性質を持っています。その種類は4,000以上にのぼると推定されます。
また、イノシトールは、ビタミンB郡に含まれる天然ビタミンで、水によく溶け、熱や光にも安定した性質を持っています。イノシトールの元になる物質は、穀物類・豆類・野菜類あるいは日本酒などにも含まれています。イノシトールは、肝臓にやさしく働くといわれています。

投稿者 nagai : 14:34 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月06日

突然ですが、私のヘルシーライフ

免疫力を高める、それが私のヘルシーライフです。
チャーガ茶も続けてたら、いつの間にか風邪も引かない体になっていました。
続けるっていっても毎日、飲んでるわけではありません。
1日に決められた回数飲まなければいけないというルールはなく、1日で1杯、2日で1杯でも、自分たちの好きなときに飲めますよ。
チャーガは保管方法をしっかりしておけば、賞味期限もないので、いつでもお茶にすることができます。
と言いつつも、私はチャーガで健康をもらいながら、毎日飲んでいます。
普段の朝は低血圧で寝起きの悪い私が、チャーガをはじめたらいつの間にか夜型の人間から朝型の人間になっていました。それから朝の目覚めがスッキリなので、体が元気に起きてくれて活発に動いても疲れにくくなっていました。おかげで毎日が楽しくて仕方がありません。

チャーガには免疫力を高めるβ-D-グルカン、老化を抑える抗酸化酵素(SOD)や栄養豊富なミネラル等の成分が含まれているから風邪にも引かず、また食物繊維やビタミンなどの栄養も取っておけるのでとても健康に良いです。

私のヘルシーライフは栄養豊富のチャーガ茶です。
おかげで毎日、健康なエンジョイライフを過ごしています。

投稿者 nagai : 14:32 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月05日

もうおさらば、アレルギー性疾患

アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息といったアレルギー性疾患は、自分を守るために働かなければならない免疫力が正常に機能せず、過剰なまでに自己防衛機能が発現したことによって、自分たちの体に攻撃をして起きてしまった症状です。

過剰な自己防衛機能を本来あるべき姿に戻してやることが有力な解決方法となります。チャーガ(カバノアナタケ)にはβ-D-グルカンという成分が含まれていて、その成分が免疫力を高めると共に、その働きを調整・調和させ正常化する作用があると言われています。
 
また、チャーガを飲まずに直接肌につけて治す方法もあります。焼酎にさらし袋に入れたチャーガを1昼夜浸し、チャーガの成分を豊富に含んだエキスがじわっと出るまで漬け込みます。
その後コットンパフまたはティッシュペーパーなどに染み込ませて患部につけます。そうするとアルコールの殺菌作用とチャーガの成分が患部の症状を次第に和らげる働きをしてくれるのです。

投稿者 nagai : 14:32 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月02日

インフルエンザ・風邪対策に

今年は暖冬って言われていましたが、昨日からその雰囲気をガラッとかわって寒さが厳しくなって、いよいよ冬も本番って感じですね。
皆さんお体の具合は大丈夫ですか!?
いきなり、気候が変わって寒くなってきましたし、インフルエンザや風邪など引きやすくなってきます。
インフルエンザや風邪など引かないように事前に対策しておきましょう。

そんな時にチャーガ茶もいいですよ。

チャーガに含まれるβ-D-グルカンという成分が風邪等をかからないように健康を維持してくれるのです。β-D-グルカンってあまり聞きなれないかも知れませんが、キノコ類には多く含まれていて、特にチャーガはキノコ類の中では群を抜くほど含まれています。

実はβ-D-グルカンってこんなにいい効果があるんですよ。
β-D-グルカンとは

これから、もっと寒くなってくると思いますので、皆さん体には気をつけてくださいね。ちなみに私はチャーガのおかげで今年はまだ風邪を引いてないんです。やっぱり健康が一番ですね[:楽しい:]

投稿者 nagai : 14:31 | コメント (292) | トラックバック

2007年02月01日

老化防止に抗酸化酵素

最近、「活性酸素」という言葉をよく耳にしています。
仕事柄かも知れませんが・・・。皆さんは「活性酸素」って聞いたことありますか?
実は「活性酸素」って私たちの体にはとても悪影響な働きを持っています。

そこで『抗酸化酵素』の力が必要となるのです。
抗酸化酵素とは体内で合成されるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ:過発生した活性酸素を過酸化水素と酸素に変換)、カタラーゼ(過酸化水素を無害な水に変換)やグルタチオンペルオキシグーゼ(カタラーゼと同じように働く他、過酸化脂質を分解)など3種類あります。

チャーガに含まれる『抗酸化酵素』はビタミンE、ビタミンC,各種の植物が持っているフラボノイド、ユビキノン、またサポニンなどのテルペン類やイノシトールなどを含んでおります。

酸化で体の中がサビ付くことにより糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。体の中をサビ付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。
また、『抗酸化酵素(SOD)』は老化の原因である「活性酸素」を抑制してくれます。

投稿者 nagai : 14:30 | コメント (2) | トラックバック